”人妻”について考えてみた

2017年11月29日 | から観察 | ファイル: 人妻について.

”人妻”について考えてみた

友達(女性)が結婚したときに、彼女が「これで私も人妻!」と言うので、「それ何、ちょっと意味ありげ・・」と言って笑ったことを思い出した。
なぜなのか”奥さん”とか”妻”よりも”人妻”というのが、なんとなく独特の雰囲気を持った言葉に思える。どうしてだろう・・。
”奥さん”だと、家庭中心に生活をしている女性、家庭をしっかりきりもりしている女性というイメージ、”妻”は男性にとっての結婚相手をさす言葉、そして”人妻”・・、なんだろうこのドラマや映画を連想する言葉は(笑)
自分のことを人妻と言った友達も、そういうことを無意識にでも知っていて、だから冗談としてこの言葉を選んだのだと思う。本人はきわめてまっとうで、ちゃんと家のことも仕事のこともする、不倫など考えられないタイプだから。そしてよき母でもある。
そう、人妻という言葉にはちょっと色っぽいイメージがついてまわる・・ような気がする。女優だったら高岡早紀さん(ぱっと思いついた人の名前をあげてみました)。
でも、こういう人とはほど遠いイメージの人でも不倫はするから、これはただの偏見なのでしょう。この偏見がどこからくるのか・・、たぶんドラマや映画だと思う。
こんなに”人妻”について考えたのは初めてかも。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です